永久脱毛コラム

永久脱毛での副作用や肌トラブルとは?

永久脱毛での悪い作用はほとんどない

永久脱毛を行うときに肌トラブルを始めとした体に対して何らかのデメリットが自分の体に起こることがある可能性がレーザー治療を行う上であります。しかしそれは非常に一時的なものであり皮膚ガンになったりするようなことはありません。その理由はレーザーは必ず赤外線を使用せずに日本医学脱毛協会が定めた規則にあったレーザー治療を行うため副作用が生じる心配がなく肌に関する病気になることもありません。それが大きな理由です。

永久脱毛の副作用で考えられること

医療レーザー脱毛では、少ない施術回数で安全に永久脱毛ができます。一方で、レーザー脱毛は副作用が心配という声が聞かれることがあります。
しかし、レーザーは皮膚を透過しても毛包のあたりまでしか届きません。血管や内臓等に影響を与えることは考えられず、この面で副作用の心配は無いと言えます。
肌の赤みや軽い炎症、ぷつぷつとした白い毛膿炎と呼ばれるニキビ、過剰な反応が起きた際には火傷のような症状が起こる可能性はあります。これらはいずれも一時的な症状であり、副作用とは言えません。クリニックでは医師が適切な対応を取ることが可能なため、あまり心配することはないでしょう。
施術前は保湿を心がけ、日焼けは避け、施術後は適切に冷やすことで、赤みや炎症などはある程度抑えることができるでしょう。

永久脱毛で汗が増えるのは本当?

永久脱毛をするときには、後悔しないように、口コミなどを参照する人も多いですが、その中で、副作用に関することがよく書かれています。特に、ワキ汗やワキガに関しては多くみられますが、実際には汗が増えるようなことはなく勘違いです。脱毛で毛がなくなると、汗がダイレクトに流れて服に付着するので、汗がとても多くなった気がするのです。そして、そのまま不衛生な状態にすることで、雑菌が繁殖して、臭いがきつくなるのです。

永久脱毛で肌トラブルがあることも

クリニックの永久脱毛で用いられる医療レーザーは、熱のエネルギーで毛を作る組織にダメージを与えることで、毛を作れなくしたり、毛の生育を遅らせる効果があります。そのため、医療レーザーの熱の影響で、施術後に肌トラブルが起きてしまう可能性があります。肌トラブルとして考えられるのは、肌の乾燥や炎症による肌の赤み、軽い火傷などがあります。クリニックでは医師や看護師をはじめとする医療従事者がいるため、万が一トラブルが起きても、すぐに対処が可能です。しかしトラブルそのものを避けるためにも、敏感肌やアトピー肌など肌が弱い人は、施術前のカウンセリングでお試しの照射を行い、脱毛が可能な肌質かどうかを確認したほうが安心です。