永久脱毛コラム

永久脱毛の痛みはどれくらい強いの?

永久脱毛で痛みを感じる部位は異なる

永久脱毛の痛みに関してはかなりの個人差があると言えます。そして、脱毛を行う部位によっても変わってきます。
実際の体験談を知ることができる口コミサイトによると、一番痛かったという声が目立つのはVIO脱毛です。毛が太くてお肌も敏感な部分なので、麻酔を使用しての脱毛を受けることができる医療機関もあるようです。痛みなどストレスのないよう、きれいに脱毛したいという方は麻酔使用も検討してみると良いかもしれません。

永久脱毛で痛みが強い部位とは?

永久脱毛による痛みは、脱毛法やマシンの種類だけでなく、部位によって差が出ます。痛みが強い傾向があるのは、痛点が多い部位や皮膚の下がすぐ骨の部位です 。特に痛覚が強く出やすいのが、脇と膝下です。ワキは敏感で痛点が多いため、膝下は皮下脂肪が少ないため、ゴムで弾かれたような痛みを感じやすいです。他にはVIOなどのデリケートゾーンも痛点が多いため痛覚を感じやすいです。一方、痛覚を感じにくいのは腹、背中、尻などの皮下脂肪が多く痛覚が少ないところです。

永久脱毛で痛みが少ない部位とは?

永久脱毛は施術の際にパチンと弾かれるような痛みが生じることがあります。感じ方には個人差があり、肌の状態やムダ毛の濃さなどによっても異なります。永久脱毛で痛みが少ない部位とは?としては、お腹、背中、お尻などがあります。これらの部位に共通することは、比較的細い色素が薄いムダ毛が生えている、肌の色素沈着が少ない、脂肪や筋肉が多いなどがあります。逆に、太いムダ毛が密集して生えていたり筋肉や脂肪が少なかったり粘膜の付近や関節付近や肌の色素沈着が起きている部位は痛みを感じやすいという特徴があります。

永久脱毛で特に痛みがひどい部位

永久脱毛で痛みが大きい部位になるのがデリケートゾーンであるVIOになります。
そのVIOのなかでもVラインとIラインは毛量が多く、毛も太くなりますのでレーザーが強く反応しやすいので痛みがとても強いです。
ここの部位は皮膚も薄いために我慢できない方もいるぐらいなので事前にクリニックに相談しておく事でレーザーの出力を弱めたり、麻酔や鎮痛剤を使用してもらう事ができます。
肌が敏感な方や心配な方はしっかりと伝えておく事が大事です。

永久脱毛で痛みを軽減させる方法

永久脱毛の痛みを軽減するには、いくつかの方法があります。
まず生理前は痛みが強く出るので、その時期に施術を受けるのは避けましょう。また、日焼けした部位は肌が弱くなっているので注意が必要です。
このほかレーザー脱毛機の出力を下げたり、笑気麻酔や麻酔クリームを使う方法もあります。施術後は肌トラブル防止のために保湿を心がけましょう。脱毛後の痛みの相談などアフターケアがしっかりしたクリニックであれば安心です。